きたに歯科クリニック

駐車場4台あり

〒567-0012
大阪府茨木市東太田2-2-23-17

072-623-1234

当院は予約制です
急患の方はお電話でご連絡下さい

外科・インプラント

口腔外科

親知らずの抜歯、顎関節症の治療(口が大きく開けられない・口を開けると音がする・顎が痛いなど)、睡眠時無呼吸症候群、歯ぎしり(ブラキシズム)の診断および診療などを行います。

また、転倒・衝突により歯を強く打った・口の中を切ってしまった・顎を強く打ったなど、外傷の処置にも対応します。

お薬を服用中の方へ

骨粗しょう症のお薬を飲んでいる方や、乳がん、肺がん等の腫瘍性疾患の治療を受けている方は必ずお申し出ください。お薬の成分によっては、外科処置後の治癒が遅れ炎症が悪化したり、副作用が出ることがあります。

お薬を服用中の方へ

抜歯

神経への影響や、周囲の炎症の程度、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して治療を行います。

他院で「大学病院でないと対応できない」と言われた難しい症例でも、当院で比較的簡単に抜ける場合があります。一度ご相談ください。

良性腫瘍

口腔外科では歯の問題だけでなく、舌や口唇、口腔粘膜の疾患も扱います。粘液のう胞、エプーリス、線維腫等の切除についてもご相談ください。

病変の一部を採取し、お薬で治癒する良性の病変か悪性の可能性があるかの確定診断を行います。悪性が疑われる症例は、大学病院との連携で対応させていただきます。

その他

発音障害を引き起こす舌小帯の切除、正中離開(前歯の隙っ歯)を引き起こす上唇小帯の切除、フラップ手術(歯周病治療の手術)、歯根端切除術(根の先の化膿している部位を外科的に切除)などにも対応いたします。

レーザーを使用した治療

口腔外科では炭酸ガス(CO2)レーザーを使用しています。炭酸ガス(CO2)レーザーには次のようなメリットがあります。

  • 麻酔なしでの治療が増える
  • 止血作用があるため出血が少ない
  • 術後の疼痛が少ない
  • 治療時間、期間を短縮できる
  • 副作用が少ない
  • お子さん、妊婦さん、高齢者の方でも安心して治療が受けられる

は炭酸ガス(CO2)レーザー

インプラント治療

見た目も自然でしっかり噛めるインプラント

インプラント治療

失った歯の機能を回復する選択肢のひとつとして、インプラント治療をご提案しています。

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯をつくります。入れ歯に比べ自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送れます。見た目も自然で、審美性にも優れているため人気のある治療法です。当院では安全な症例に限りインプラントをおすすめしています。

治療のメリット・デメリット

インプラント治療にもメリットとデメリットがあります。

患者さん個々の症状や希望によって歯科医師からアドバイスをさせていただきます。

メリット

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 周りの歯に負担がかからない
  • 入れ歯よりもしっかり噛める
  • 骨が痩せるのを防げる
  • 審美性に優れた歯を装着できる

デメリット

  • 保険がきかない
  • 手術が必要になる
  • 治療期間がブリッジ等に比べ長い
  • 術後はメインテナンスが必要になる
  • 術後痛み・腫れが出る可能性がある

より安全な治療のために

歴史があり信頼できる製品を採用

当院ではノーベルバイオケア社(スウェーデン)製のインプラントを使用しています。

ブローネマルク博士がチタンと骨が結合することを発見して以来、地道に研究を続け、数多くの臨床データに裏付けされた信頼できるインプラントです。

また、ノーベルバイオケア社の特長として、古い製品にも適応するパーツを、現在でも供給している点もあげられます。各国に広い販売ネットワークがあるため、転居先や海外でメインテナンスが必要になった場合でも安心です。

インプラント

2回法による治療

2回法による治療

1回目の手術でインプラント体を埋めた後、一旦歯肉を縫って閉じます。上部構造を装着する際には、もう一度歯肉を切ってアバットメントを装着するため、手術が2回必要になります。2回法は1回法と比べより確実で、感染が起こるリスクも低くなるメリットがあります。

難症例の場合は、大阪インプラントセンターへご紹介します。

治療の流れ

1.カウンセリング

歯を失った理由やお口の状態には個人差があります。

患者さんお一人おひとりに丁寧なカウンセリングを行い、治療法を決定します。

カウンセリング

2.診査・診断と治療計画

対象部位を撮影し、患者さんにとって無理のない治療計画を立てていきます。

対象部位を撮影

3.インプラント埋入手術

歯を失ったところへインプラントを埋入し、歯肉を閉じます。

イオンプラントが顎の骨にしっかりと結合するまで、約3か月~6か月ほど待ちます。

インプラント埋入手術

4.人工歯の装着

顎の骨とインプラントが結合したらアバットメントを取り付けるために再び歯肉を切ります。

アバットメントに人工歯を装着し、インプラントの手術は終了となります。

人工歯の装着

審美性の高い人工歯

セラミックは透明感があり見た目は天然歯に最も近い素材です。

汚れが付きづらく、ほとんど変色・劣化しないため耐久性に優れています。

審美性の高い人工歯

審美・ホワイトニングの詳細はこちら

5.メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱く、天然歯のような防御機能もありません。

歯周病菌に感染すると歯ぐきが腫れ、インプラント周囲炎をおこします。

症状が進行するとインプラントを支えている歯槽骨が下がり、インプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラント治療後はご自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。

正しいホームケアを行うとともに、定期的なメインテナンスにお越しください。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎

予防歯科の詳細はこちら

スタッフ

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお電話ください

072-623-1234

072-623-1234