きたに歯科クリニック

駐車場4台あり

〒567-0012
大阪府茨木市東太田2-2-23-17

072-623-1234

当院は予約制です
急患の方はお電話でご連絡下さい

むし歯・歯周病・予防歯科

むし歯治療

むし歯が発生する原因と予防

むし歯とは、お口の中の細菌が作り出す酸によって、歯が溶かされる病気です。

お口の中の細菌は糖分(主に砂糖)をエサとして、歯の表面にネバネバしたプラークを作ります。

プラークの中で増殖した細菌は、糖分をさらに摂取して酸を作り、歯を溶かしてしまいます。

「細菌の数」「歯の質」「糖分」の3つの要因に「時間の経過」が加わることで、むし歯のリスクは高まります。

生活習慣の見直しとセフルケアで、むし歯予防を心がけましょう。

むし歯予防には次のような方法があります。

  • 細菌の数を減らすために、正しい歯磨きでプラークを除去する。
  • フッ素(フッ化物)を活用し歯の質を強くする。
  • 細菌のエサとなる糖分をなるべく控える。
  • 食後はお口の中が酸性に傾くので、早めに歯をみがいて中性に整える。

むし歯のサイクル

痛みの少ない治療

気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

当院では患者さんの負担を減らすために、痛みの少ない治療を行っています。

表面麻酔

麻酔注射の前に表面麻酔を塗ります。事前に歯ぐきの感覚を麻痺させることで、針による痛みを感じにくくなります。

表面麻酔

なるべく削らない治療

患者さんの天然歯を大切にしています。むし歯と診断した場合でも、できる限り健康な部分を残しながら治療を進めてまいります。

なるべく削らない治療

むし歯の進行度と治療方法

初期のむし歯(CO)

歯の表面がくすんで見えます。 まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯が進行してしまいます。

《治療方法》
歯のクリーニングを徹底して、経過を観察していきます。

初期のむし歯(CO)

初期のむし歯(C1)

歯の表面が溶けツヤが無くなります。茶色に変色してザラつくこともありますが、痛みはまだありません。

《治療方法》
削るとしても少なく済み、詰め物による最小限の治療で改善します。

初期のむし歯(C1)

むし歯診断器

レーザー光によってむし歯を検出し、その状態を数値化する「むし歯診断器」を活用しています。見た目では分からない初期のむし歯や、奥歯の溝のむし歯まで見つけることができます。削らずに経過観察で済む歯の判定にも非常に有効です。

むし歯診断器

進行したむし歯(C2)

むし歯が象牙質の層にまで進行し、穴があいています。冷たいものを食べると歯にしみることがあります。

《治療方法》
むし歯部分を取り除き、詰め物を詰める処置を行います。削る量が多くなると、全体を覆うかぶせ物になることもあります。

進行したむし歯(C2)

歯髄まで進行したむし歯(C3)

むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、神経まで達したむし歯です。何もしていなくてもズキズキと激しい痛みを感じるようになります。

《治療方法》
神経まで細菌に侵された場合、神経を取り除く歯内治療を行う必要があります。

歯髄まで進行したむし歯 (C3)

歯の根の治療(歯内療法)

歯の土台が健康であれば、ご自身の歯を長く残すことができます。当院ではなるべく抜歯をせず、歯の根の治療(歯内療法)を行い、患者さんご自身の歯を可能な限り残せるよう努めています。

歯の根の治療

歯質が失われた歯(C4)

歯のほとんどが崩壊し、歯の根までむし歯が進行して化膿している状態です。このままにしておくと神経が腐敗し、歯周病のリスクも高まります。

《治療方法》

多くの場合は抜歯(※)が必要となります。歯を失った箇所には、入れ歯やインプラントなど、欠損を補う治療を行います。

※お薬を服用されている方は必ずお申し出ください。お薬の成分によって抜歯後の治りが遅くなる可能性があります。

歯質が失われた歯(C4)

定期的なメインテナンスで再発予防

治療が終わったあとは、再発予防のためにメインテナンスが必要です。

3か月~半年に1度は歯医者で歯垢・歯石除去を行いましょう。正しいブラッシングの仕方や睡眠不足の改善・ストレス・病気など、生活習慣の見直しも大切な治療のひとつです。

ご自身の歯を永く健康に使うためにも、予防のために歯医者にお越しください。

定期的なメインテナンスで再発予防

予防治療の詳細はこちら

歯周治療

歯周病とは

歯の喪失原因の第1位は「歯周病」

歯周病とは、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が、歯周病菌によって破壊されていく感染症です。治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあります。

30歳以上の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。

歯周病

全身疾患との関係

昨今の研究では、歯肉炎が全身に多くの影響を与えることが明らかになっています。歯周病は口腔内だけの問題ではなく、心臓病や糖尿病などを悪化させる恐れがあります。

また逆に全身の様々な疾患が、歯周病の発病や悪化の原因となることもあります。

食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防することがほかの生活習慣病の予防につながります。

全身疾患との関係

歯周病の原因

歯周病の原因はプラークの中の細菌です。

歯肉と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。このポケットにたまったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。

これにより歯肉が炎症を起こし、放置しておくと症状はますます悪化して、やがては歯を支えている骨を溶かしていきます。

プラークはブラッシングが充分でなかったり、糖分をたくさん摂取することで増えていきます。日々の生活習慣も歯周病を作り出す要因と言えるでしょう。

歯周病の原因

自覚症状

歯周病は痛みがなく、ゆっくりと気がつかないうちに進行します。大切なのは早期発見、早期治療です。下記のような症状が気になる方は歯周病の検査にお越しください。

  • 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
  • 口臭が気になる
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • ブラッシング時に出血する
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 硬い物が噛みにくい
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 最近歯が長くなったような気がする

自覚症状

歯周病の進行度と治療法

歯肉炎

歯ぐきが炎症が起きている状態です。歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血することがあります。

《治療方法》
早期発見の場合は正しい歯磨きだけで症状が改善することがあります。

歯肉炎

軽度の歯周病

ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。

《治療方法》
歯科医院にて歯石の除去を行います。その後、歯磨きの仕方や生活習慣を改めることにより症状の改善を図ります。

軽度の歯周病

スケーリング

スケーリングは、歯の表面に付着した歯石を専用の器具で除去する治療です。

歯石は表面がザラザラしており、プラークが付着しやすくなるため、定期的に歯科医院でスケーリングを行うことが歯周病の予防に繋がります。

スケーリング

中度の歯周病

ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。このころは口臭もあり歯が浮いた感じがします。強く噛むと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。

《治療方法》
歯石の除去に加え、細菌感染によって汚染された部分も専用の器材にて清掃します。この治療で症状が改善されれば、メインテナンス(定期的な検診、歯石の除去)に移行します。

中度の歯周病<

ルートプレーニング

ルートプレーニングは、歯周ポケット内に入り込んで沈着した歯石を取り除く治療です。歯周ポケットの深い部分まで歯石や汚染物質が入り込んでいる場合は、麻酔を使用することもあります。

ルートプレーニング

重度の歯周病

歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなり、最後には抜けてしまうこともあります。当然、硬いものは食べられません。

《治療方法》
この状態まで進行してしまうと、手術等の外科的治療を行うことがあります。

重度の歯周病

歯周病は予防できます

治療が終わった後は、再発を予防するためにメインテナンスを行いましょう。

歯垢・歯石除去等のプロフェッショナルケアを定期的に歯科医院で受けることで、健康なお口を維持できます。正しいブラッシングを行い、睡眠不足の改善・ストレス・病気など生活習慣を見直すことも大切な治療のひとつです。

歯周病は予防できます

予防治療の詳細はこちら

予防歯科

予防歯科でお口の健康を守りましょう

早期発見・早期治療

歯が痛くなったり違和感を感じたりしてから歯医者に通うのではなく、これからは定期健診でお口の健康を守りましょう。

お口の状態を管理し清潔な口腔内を保つことで、歯周病やむし歯を未然に防ぐことができます。

お口にトラブルが発生した場合でも、早期発見ができるようになります。

早期治療であれば最小限の治療で改善できるため、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが重要となります。

予防歯科

プロフェッショナルケア

「毎日きれいに歯磨きをしている」と思っていても、ネバネバしたプラークを完全に落とすことはなかなかできません。

3か月~半年に一度定期検診にお越しいただくことで、お口の健康維持をしっかりサポートさせていただきます。

ご自宅での正しいセルフケアと、歯科医院によるプロフェッショナルケアで、大切な歯を守りましょう。

メインテナンスの主な内容

PMTC

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを徹底的に除去します。むし歯や歯周病の予防管理を目的としてシステム化された、予防歯科の代表的な治療法です。

PMTC

フッ素

フッ素が歯に触れると、歯の表面であるエナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯になりにくい歯質になります。当院では高濃度のフッ素を作用させるフッ素塗布を行っています。また、ご自宅でもフッ素入りの歯磨き粉などを使用するとより効果的です。

フッ素

ブラッシング

ブラッシング

ブラッシング

メインテナンスの最後には、ご自宅でのセルフケアのためにブラッシング指導を行います。上顎の奥歯など見えづらい場所は口腔内用CCDカメラで撮影をして、モニターにてご説明いたします。自己流の磨き方では、磨き残しができたり歯を痛めたりするので、正しい磨き方をマスターしましょう。

PMTCブラシ、指導用歯ブラシ

PMTCブラシ

指導用歯ブラシ

PMTCブラシはクリーニングに使うブラシです。

使い回しをしている歯科医院が多い中、当院は患者さんごとに新しいブラシに取り換えています。

ブラッシング指導に使用した歯ブラシは患者さんに差し上げています。

耐久性がありますので、ご自宅でもご利用ください。

毎月来られる患者さんの歯ブラシは、当院でお預かりしています。

スタッフ

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお電話ください

072-623-1234

072-623-1234